2012年07月30日

終電からの松本です。

どーもこんばんは。
今日はちょっと都心にて飲ん現在に至ります。
酔っているので単なる戯言と思っていただければ光栄です。



たとえば同じ年齢の人が僕より収入あっても
自分が劣っているって思っちゃいけないんだと思う。
もちろん、あるにこしたことがないけど
僕は誰より、いや自分が上京してくるときの現実的なイメージより音楽をしてる。

まさかギターを弾くなんてとか打ち込みをするなんてって18才の僕に予定も予感もなかったんだ。

きっと答えは死ぬときにしかわからないんだと思う。
もしかしたら死んでもわからないんだと思う。

夢の続き

僕はまだ夢の途中。


posted by 松本昌俊 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記